ページの先頭です
ページ内を移動するためのリンクです

ここからヘッダー情報エリアです
ヘッダー情報をスキップしてサイト内主要カテゴリメニューへ移動します



保険金・給付金・一時金のお支払いについて

死亡保険金/死亡一時金 請求手続きの流れ

お手続きの流れ

1

お客さまサービスセンターへご連絡ください。

フリーダイヤル:0120-125-104

9:00〜17:00 月曜日〜金曜日(年末年始、祝日を除きます。)

お手元に保険証券をご用意いただき、保険証券番号、お亡くなりになられた日および原因(事故・病気)などをお知らせください。

2

お手続きのご案内をいたします。

お手続きに必要な証明書等のご案内と請求書類を送付いたします。

3

必要書類をご郵送ください。

請求書にご記入ご捺印の上、必要な証明書等を同封しご返送ください。

  • 請求書類に不備や必要な証明書等に不足がある場合は、弊社よりご連絡させていただく場合がございます。
  • ご提出いただきました書類の内容によっては、お客さまへのご連絡の上、弊社社員または弊社の委託した確認会社の担当者がお伺いさせていただく場合や、お客さまのご用意をいただいた上で、直接医療機関に確認させていただく場合もございます。
4

ご指定された口座へお支払いいたします。

お手続き完了後、5営業日以内にご指定された口座へお支払いいたします。

  • お手続き内容によって、お時間をいただく場合がございます。

よくあるご質問

Q1: 印鑑登録証明書などはコピーされたものでも良いですか?
A1: 申し訳ございませんが、原本をお願いしております。
Q2: 提出した印鑑登録証明書などは返してもらえますか?
A2: お申し出がありました場合、お返しいたします。
Q3: 保険金を受け取るまでにどれくらいの日数がかかりますか?
A3: お手続き書類が不備のない状態で弊社に到着した場合、書類到着後5営業日以内にご指定された口座へお支払いいたします。ただし、お手続き内容によって、お時間をいただく場合がございます。

保険金を「お支払いできる場合」または「お支払いできない場合」の例

ご契約の保険種類、ご加入の時期によってはお取扱いが異なる場合がございますが、お手続きの際はご契約内容を必ずご確認ください。また、記載以外に認められる事実関係によってもお取扱いに違いが生じることがございます。

死亡保険金

お支払いできない場合

被保険者が次のいずれかにより死亡したとき
  1. 責任開始日から2年以内における自殺
    ただし、自殺に際して心神喪失またはこれと同程度の著しい精神障害があり、自己の生命を断つ認識がなかったと認められる場合は、保険金をお支払いすることがあります。
  2. 死亡保険金受取人の故意
  3. 保険契約者の故意
  4. その他、約款に記載の免責事由に該当する場合

お支払いできる場合

被保険者が責任開始日以降に病気や不慮の事故で死亡したとき
(約款に記載の免責事由に該当しない場合)

ご契約により、死亡保険金をお支払いできない場合(免責事由)を定めており、そのいずれかに該当する場合には、死亡保険金はお支払いできません。免責事由はご契約の種類により異なりますので、ご契約のしおり・約款などをご確認ください。

変額保険、変額個人年金保険の場合
免責事由に該当して死亡保険金をお支払いできない場合は、被保険者の死亡した日の特別勘定の積立金合計額を保険契約者にお支払いいたします。ただし、保険契約者の故意の場合には、被保険者の死亡した日に解約したときの解約払戻金をお支払いいたします。
通貨選択型保険の場合
免責事由に該当して死亡保険金をお支払いできない場合は、被保険者の死亡した日の解約払戻金額に解約時に会社が控除する解約控除分を加えた額を保険契約者にお支払いいたします。ただし、保険契約者の故意の場合には、被保険者の死亡した日の解約払戻金を保険契約者にお支払いいたします。

災害死亡保険金

お支払いできない場合

被保険者の「重大な過失(著しい不注意)」
または「故意」を原因とするとき
(例)被保険者が、危険であることを認識できる状況で、高速道路を逆走して対向車と衝突し亡くなられた場合。
被保険者の泥酔状態を原因とする事故によるとき
(例)泥酔して道路上で寝込んでいるところを車にはねられ亡くなられた場合。

お支払いできる場合

被保険者の不注意
(例)疲れから、居眠り運転をしてしまい、路肩に衝突して亡くなられた場合。
軽度の酒酔い状態での事故
(例)酒に酔っていたが、横断歩道を通常に歩行中、走行してきた車にはねられ亡くなられた場合。

ご契約により、災害死亡保険金をお支払いできない場合(免責事由)を定めており、そのいずれかに該当する場合には、災害死亡保険金、給付金などはお支払いできません。

一般的にお支払いできない例

  • 保険契約者または被保険者の故意または重大な過失による場合。
  • 死亡保険金受取人の故意または重大な過失による場合。
  • 被保険者の犯罪行為による場合。
  • 被保険者の精神障害または泥酔の状態を原因とする事故による場合。
  • 被保険者が法令に定める運転資格を持たないで運転している間に生じた事故による場合。
  • 被保険者が法令に定める酒気帯び運転またはこれに相当する運転をしている間に生じた事故による場合。

要介護一時金

お支払いできる場合

被保険者が責任開始以降に発生した障害または疾病により年金支払開始日の前日までに、当社で定める要介護状態(※)に該当し、要介護状態がその該当した日からその日を含めて継続して180日以上あることが医師によって診断確定された場合。

要介護状態とは、次のいずれかに該当した場合をいいます。

  1. 常時寝たきり状態で、下表の(1)に該当し、かつ、下記の(2)〜(5)のうち3項目以上に該当して他人の介護を要する状態
  2. 器質性痴呆と診断確定され、意識障害のない状態において見当識障害があり、かつ、下記の(1)〜(5)のうち2項目以上に該当して他人の介護を要する状態
    1. (1) ベッド周辺の歩行が自分ではできない。
    2. (2) 衣服の着脱が自分ではできない。
    3. (3) 入浴が自分ではできない。
    4. (4) 食物の摂取が自分ではできない。
    5. (5) 大小便の排泄後の拭き取り始末が自分ではできない。

ご契約により、要介護一時金をお支払いできない場合(免責事由)を定めており、そのいずれかに該当する場合には、要介護一時金はお支払いできません。

一般的にお支払いできない例

  • 保険契約者または被保険者の故意または重大な過失による場合。
  • 被保険者の犯罪行為を原因とする場合。
  • 被保険者の薬物依存を原因とする場合。

ページの先頭へ戻る

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る